アンチエイジング スキンケア

2、【最新】今キレイに着目する美容成分(2)

投稿日:

美容成分解説NO.2

<前ページのつづき.>

 

コラーゲン 【こらーげん】

体内に存在するたんぱく質の1種

多くが皮膚に含まれています。バネのような構造を持ち肌のハリを支えてくれます。
20代の中ごろがピークでそこから減少していきます。特にストレスや紫外線に影響を受けやすいと言われている。

 

ヒアルロン酸 【ひあるろんさん】

お肌に備わっている水分保持成分

人や動物の身体の中に含まれている多糖類の1種で特に関節の中にある関節液や関節軟骨だとか眼球の水晶体(レンズ部分)の後ろにある硝子体、皮膚、へその緒などに多く含まれている。

年齢とともに水分保持成分は減少していくので乾燥などにつながりますが肌の表面をしっかりさせる「ヒアルロン酸Na」や肌の奥まで入り込む加水分解ヒアルロン酸などがあり非常に高い粘性(ねばりけ)と弾性(元に戻ろうとする性質)が特徴です。

 

プラセンタ 【ぷらせんた】

英語で胎盤のこと

たんぱく質、脂質、炭水化物の3大栄養素のほか、アミノ酸やミネラルなども含んでいる栄養素の宝庫。 今や化粧品や健康食品などにも使用されていて、馬や豚、魚由来のプラセンタエキスが使われていて、プラセンタの摂取には「注射」「経口摂取」「塗布」の方法があります。
アルジルリン
【あるじるりん】アルジレリン・アルジェリンとも訳される

アミノ酸を集結させたペプチドの一種

美容医療の先進国成分スペインにある製薬会社によって開発された植物由来の合成ペプチド(アミノ酸)
シワの改善や発生の予防への有用性が期待される成分として、「塗るボトックス」と呼ばれる程に期待され表情シワの原因となる筋肉の動きを抑制してシワの軽減に効果がある。

 

トラネキサム酸 【とらねきさむさん】

炎症の原因であるプラスミンという物質をブロックする

タンパク質を構成する成分である必須アミノ酸リシンを元に人工合成されたアミノ酸の一種。炎症を引き起こす生体内の酵素のプラスミンを抑制する"抗プラスミン作用"を持っています。

肌の赤みや炎症に効果を発揮、色素沈着の改善で肝斑の原因となるメラニンの発生を抑制して結果肝斑を薄くする作用があると考えられております。


 

 

2、【最新】今キレイに着目する美容成分(2)は、ココまでです。

気になる美白、美容成分が出ましたらまた
調べてまいります。

 

ユミ

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

貴女におすすめサプリ

気に入っていただけた時は、SNSでもシェアいただけると嬉しいです。宜しくお願い致します。

・優光泉(ゆうこうせん)

優光泉、酵素ドリンクは今回ランキング1位とさせて頂きました。
ではなぜ1位なのか? 優光泉は断食道場という正真正銘の専門家が長きに渡り念入に作り上げているドリンクと言う事だけあってその効果もピカイチです。
おすすめの1番は完全無添加だということで、糖分などで薄めておらず野菜100%から作られた酵素のみになっていると言うところがおすすめの1つです。優光泉を使い断食(ファスティング)を行っていけばリバウンドの元となる飢餓の状態になる事がありません。
そのため初めての方でも安心してダイエットに取り組むことが可能だと言う事で1位とさせていただきました。

人気ガ高いおすすめ記事

1
ぷりぷりプリンセスと言う便秘解消で人気のサプリメントがある。

便秘解消で人気があるサプリ「ぷりぷりプリンセス」とは もくじ1 ぷりぷりプリンセスは、元AKBの永尾まりやさんや吉川ひなのさんもおススメしている酵素配合の便秘解消サプリメントです。1.0.0.1 毎日 ...

-アンチエイジング, スキンケア

Copyright© 便秘解消 プリンセスの体験レビューとダイエット研究所 , 2018 AllRights Reserved.