アンチエイジング スキンケア

【最新】今キレイに着目する美容成分とは?    (注目成分解説)

投稿日:2017年6月5日 更新日:

 

美容成分解説

 

フラーレン【ふらーれん】

酸化と戦う老化予防のチャンピオン

フラーレンは炭素原子球状の構造を成している化合物の総称でイメージ的にはサッカーボールに様に結合した分子で地球上にわずかしか存在しない成分、主に宇宙に存在している。

・フラーレンの特長

抗酸化力が非常に強く優れている。
守備範囲が広く安全性が高くしかも持続力がすごい10時以上続くといわれている。

抗酸化剤自体は昔からその効果が注目、良く知られているのはビタミンCですが、「フラーレンの抗酸化力」は一般的なビタミンCの170倍ほどと言われています。

フラーレンは安定性が高くて壊れにくいので朝のお手入れにおすすめ

 

APPS【えーぴーぴーえす】

美肌に欠かせない※ビタミンC誘導体
美肌にはかかせない高い浸透性があり

※ビタミンC誘導体とは
壊れやすいビタミンCの力を損なわないよう人工的に改良して安定化させた成分が「ビタミンC誘導体」

ビタミンCは抗酸化力に優れ老化の原因と言われている活性酸素から細胞をまもり血管や皮膚の健康に欠かせません。ビタミンCは体内で生成できないので外から取り入れる必要があるという。

APPSは水や油にも親和性が高いので色んな化粧品に配合することができます。比較的刺激性も低いとされています。
APPSの欠点として安定性が若干低いことがあげられます。

 

SYN-AKE【しんえいく】

表情のシワに働きかけピンとハリのあるお肌へ

シンエイクとは、毒蛇の筋弛緩作用からヒントを得て、毒蛇ペプチドを主原料として製造された成分で医療用として開発されたペプチドです。

特に表情のシワに効果かあるとされ額や目じりなどの深いシワ対策や予防に効果があるといいます。
使い続けるほど肌がなめらかになり改善に役立つと考えられる。

 

フェニルエチルレゾルシノール【ふぇにるえちるれぞるしのーる】

シミの元チロシナーゼに働きかけてシミを作らせない

抗酸化作用はアンチエイジングで欠かせない。
ビタミンE群の1つであるαートコフェロールやBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)の抗酸化作用は定評があるがフェニルエチルレゾルシノールは、そうした既存成分よりも高い抗酸化作用を示している。

フェニルエチルレゾルシノールはチロシナーゼの活性を制御しながら活性酸素を除去しシミの根本原因に合わせて働きかけ、今までの成分より確実な透明感があるお肌へみちびく。 その様な高い効果があるにも係わらず肌への刺激が少ない。

今キレイに着目する美容成分(2)へ つづく

これからも新成分がでてくるでしょう、
マダマダつづくので.ご期待下さい。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

貴女におすすめサプリ

気に入っていただけた時は、SNSでもシェアいただけると嬉しいです。宜しくお願い致します。

・優光泉(ゆうこうせん)

優光泉、酵素ドリンクは今回ランキング1位とさせて頂きました。
ではなぜ1位なのか? 優光泉は断食道場という正真正銘の専門家が長きに渡り念入に作り上げているドリンクと言う事だけあってその効果もピカイチです。
おすすめの1番は完全無添加だということで、糖分などで薄めておらず野菜100%から作られた酵素のみになっていると言うところがおすすめの1つです。優光泉を使い断食(ファスティング)を行っていけばリバウンドの元となる飢餓の状態になる事がありません。
そのため初めての方でも安心してダイエットに取り組むことが可能だと言う事で1位とさせていただきました。

人気ガ高いおすすめ記事

1
ぷりぷりプリンセスと言う便秘解消で人気のサプリメントがある。

便秘解消で人気があるサプリ「ぷりぷりプリンセス」とは もくじ1 ぷりぷりプリンセスは、元AKBの永尾まりやさんや吉川ひなのさんもおススメしている酵素配合の便秘解消サプリメントです。1.0.0.1 毎日 ...

-アンチエイジング, スキンケア

Copyright© 便秘解消 プリンセスの体験レビューとダイエット研究所 , 2018 AllRights Reserved.