便秘(ベンピ)

2つの食物繊維をバランスよく摂る

投稿日:2016年11月25日 更新日:

kitaeta

 

食物繊維も腸内リセットの中で欠かせない食材です.

 

・2つの食物繊維をバランスよく摂る

食物繊維も腸内リセットの中で欠かせない食材です。
食物繊維が、便秘に良いという事は誰でも理解しています。

しかし、食物繊維も摂り方にコツがあります。
間違った方法だとかえって便が硬くなってしまい便秘を
助長してします場合があります。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐--------------------------------------------------------

 

実は、食物繊維 には 不溶性食物繊維 と 水溶性食物繊維 あり、

不溶性食物繊維は水に溶けない食物繊維でセルロースなどが
多く含まれるレタス・キャベツなどがそうです。

後者の水溶性食物繊維は、水に溶ける食物繊維のことで

コンブやわかめなどで低分子アルギン酸ナトリウムの多い

海藻類やりんごなど熟した果物などに多い、ペクチンを
含む食材とかが代表なんです。

この様に

便秘の改善には、両者をバランスよく摂りいれる必要があり、特に水溶性食物繊維は欠かせない食材と言えるのです。

あらためてココでその食物繊維4つの特徴を紹介します。

 

fulert

 

◆ 保水性とは

これは水を含む性質で、水溶性食物繊維の特徴である。
これにより便が柔らかくなって便のかさを増やす効果があります。

 

◆ 粘 性

水に溶けるとねっとりとしたゲル状になる性質があり、
レンコンなどに多く含まれる「ペクチン」、こんにゃく
山芋とかに含まれる「グルコマンナン」が、これらの
特徴を持っています。

ゲル状になると食物は、ゆっくりと移動するようになり
血糖値などが上がりにくくなり、血中のコレステロールが
下がるという効果があります。

 

◆ 吸着性

コレステロールや便秘から発生する有害物質を表面に
くっ付けて、便秘の中に排出する性質がある。

コレステロールなどが排出されると血中のコレステロール
などが低下します。そのように排出する働きが確認されているようです。

 

◆ 発酵性

大腸に住み着いている良い細菌によって分解される成分もあり、
分解後は有機酸や短鎖脂肪酸呼ばれるモノとかに変わり、

大腸の中が酸性になっていき有害な細菌などが
住みにくくなって、腸が健康になると言われています。

 


 

この様な働きは不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が合わさり
作用するものなのです。

しかし、食物繊維というとサラダとか生野菜と言うイメージが強いので、
現実は不溶性食物繊維がかりを食べる傾向があります。
しかし、不溶性食物繊維は水に溶けないからそれだけだと
便が硬くなり、お腹の膨張感だけが強くなったりしてしまいます

つづく.

kinok

追記

お野菜、海藻類など食物繊維が豊富な食食べ物はよく噛みくだかないと咽に通りにくいものも多いから食物繊維などを多く含む食品を食べるときはそしゃくの回数が増えますよね。そこもいい点で早食いを防止する効果もあります。

ゆっくりと食べることで脳が満腹感を感じてきますのでこのことから食物繊維はダイエットにも効果的であるといえますね。

 

今回は<2つの食物繊維をバランスよく摂る>でした。
ご拝読有難う御座いました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

貴女におすすめサプリ

気に入っていただけた時は、SNSでもシェアいただけると嬉しいです。宜しくお願い致します。

・優光泉(ゆうこうせん)

優光泉、酵素ドリンクは今回ランキング1位とさせて頂きました。
ではなぜ1位なのか? 優光泉は断食道場という正真正銘の専門家が長きに渡り念入に作り上げているドリンクと言う事だけあってその効果もピカイチです。
おすすめの1番は完全無添加だということで、糖分などで薄めておらず野菜100%から作られた酵素のみになっていると言うところがおすすめの1つです。優光泉を使い断食(ファスティング)を行っていけばリバウンドの元となる飢餓の状態になる事がありません。
そのため初めての方でも安心してダイエットに取り組むことが可能だと言う事で1位とさせていただきました。

人気ガ高いおすすめ記事

1
ぷりぷりプリンセスと言う便秘解消で人気のサプリメントがある。

便秘解消で人気があるサプリ「ぷりぷりプリンセス」とは もくじ1 ぷりぷりプリンセスは、元AKBの永尾まりやさんや吉川ひなのさんもおススメしている酵素配合の便秘解消サプリメントです。1.0.0.1 毎日 ...

-便秘(ベンピ)
-,

Copyright© 便秘解消 プリンセスの体験レビューとダイエット研究所 , 2018 AllRights Reserved.