健康と美容

妊婦さんが悩む1位のむくみを解消する方法とは

投稿日:

妊娠期も後期の時期になるとさらにお腹が大きくなってきます。

 

特に妊娠8ヶ月からは赤ちゃんの成長と共にむくみがひどくなるので、どうしても足の付け根があっぱくしてきてリンパが滞ってしまいます。そのため足がむくみやすくなります。
特に長く立ったままの状態がつづくと疲れが溜まってしまい知らない間にむくみが進行します。

特に妊娠前まではデスクワークが中心だった方や接客などの立ち仕事をしていた方の多くが浮腫みを感じておられます。
こまめに休憩をとることや無理をしない事も大切でしょう。

 

 

・妊娠中期のむくみとその原因は?

その様に妊娠中期~妊娠後期(末期)の方に多いトラブルとして経験するむくみですが、別記でも多く記載しています。冷え症の妊婦さんや事務仕事をしている方も増えたせいで、妊娠中期でもむくみを症状として感じる方が多くなっているようです。

浮腫は皮下組織などに余分な水分が留まった状態の事を言います。
妊娠しますと母体の体重が増加しますので胎児の血液も必要とするという理由で血液量が当然多くなります。
そのため多くの方が腎臓の働に負担がきてしまうことで妊娠さんのむくみの原因の一つとしてあげられています。

また日々育つ胎児で骨盤内は圧迫される事となり、どうしても下半身から心臓に戻りにくいのでより下半身がむくんでしまうことになります。
しかも妊娠してからはやはり運動不足となりますので足の筋肉などがおとろえてきて溜まった余分な水分を心臓に戻す「ふくらはぎなどの筋肉ポンプ」がより弱くなり余計に浮腫みやすくなるのです。
そのまま放置しておくと中々治らなくなってしまいますのでそうならない為にもむくみに気づくと早めに対処していってほしいですね。

 

 

・どうすれば妊婦さんの浮腫みが解消されるのか?

適度な運動でむくみを防ぐように掛かりつけの産婦人科医から指導があると思いますが、段々と自分でマッサージをするのも難しい体勢となるのでマタニティ用の着圧ソックスや着圧サポーターなどで引き締めを得ることでむくみを解消に役立ちます。

特に寝るときの痛みが和らぐ事にもつながるようです。特にこれからの季節(春・夏)は、蒸れたりかゆくなったりしますので、薄手のものが良いかもしれませんね。
また休む時や就寝時には足元にタオルケットやバスタオルを丸めて足の位置をやや高くしておくことで、更に効果を得ることができます。

 

 

・塩分を控えむくみを解消する法

インスタント食品には塩分が多く含まれます。塩分の過剰摂取は、高血圧やむくみ(浮腫)を招く一因となりますので1日10グラム以下に抑えるようにしましょう。

ただ、多くの食事に塩分は含まれているため、塩分を控えると一言で言っても難しいかもしれません。

 

 

・塩分を控える参考例は?

①塩分が多い味噌汁の量を減らしておく。

②豆腐や焼き魚、お造りなどの料理は、醤油の変わりにポン酢をかける。

③加工食品のベーコンやハムは塩分が多く含んでいるので注意する。

④塩分がなくてもさっぱり美味しく食べれるレモンを使った工夫をする。

⑤からしやわさび、山椒などで味付けや風味付けをする。

むくみとはそもそも、細胞の間に過剰に水が溜まることで起こる現象です。

その中でも、妊娠中は胎盤が圧迫されているので、下半身がよりむくみやすくなるので注意が必要です。

食事にひと工夫するだけでも簡単なむくみ解消法があります毎日実践すればむくみに悩ませられることもなくなるので参考にして下さいませ。

 

・カリウムを摂ってむくみを解消

むくみ解消に効果的なカリウムついても紹介します。
カリウムというのは水に溶けやすく、また排出もされやすいので
積極的にカリウムを摂ることを意識して食事に気を配る事をおすすめします。

※日本食事摂取基準から参照
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4ab.pdf
カリウムの上限量は設定いない、これはカリウムは過剰に摂取しても腎機能が正常な方は、腎排泄により余分な量は尿として排泄されるからです。しかし腎機能に障害のある方は過剰症には注意が必要とあります。
1日摂取量は3500mgが目安と言われています。
成人女性の目標量としては2600mg以上に定められています。

例:

   品 目    カリウム保有量
アボガド      1個      1000mg
干し柿       1個      580mg
バナナ       1本      390mg
キウイフルーツ   1個      320mg
トマトジュース 1缶200g      500mg
メロン       1個      1000mg

カリウムはゆがくと成分が溶け出す性質のものが多いのでお汁ごと飲めるスープなどにしていただけるとイイでしょう。
薄めの味付けを心がけると効率良くカリウムを摂取できますのでおすすめです。

カリウムの成分が塩分を尿として出してくれますので、むくみ解消にとても役立ってくれます。
またアクティブにスポーツをされている人たちもカリウムの多いバナナを頻繁に摂る姿を見た事があると思いますが、カリウムは便通を助けてくれたり、疲労回復の効果もありますのでその様に積極的に取り入れているのでしょう。

更にバナナは消化吸収がいいし「糖類が豊富」なので体を動かす助けにもなるんですよ。
バナナからはエネルギーもチャージでき便秘解消や消化吸収の助けにもなりますので摂り入れてみてくださいね。


むくみに悩んでる妊婦さんは、積極的にとるようにすると良いでしょう。

しかし、腎臓が悪い場合は、必ず担当の産婦人科医に受診を受けて下さい!

 

・ま と め と し て

カリウムを多く含む食品を食べると体内の塩分を体外に排出してくれるので体内の水分を調整しむくみを改善するということになります。

また、予防法としては塩分の取りすぎに注意して疲れをためないということ!
同じ姿勢をとらない、軽い運動は進んで行う。又マッサージするのもおすすめ。

足のむくみ対策には、寝るときに足を高くして寝る、医療用ストッキングや着圧ソックス、着圧サポーターなどでサポートするモノなどを利用する。

むくみに対してそれぞれのアプローチをすると同時に自らむくんでしまう原因も考えて、先輩や母そして産科医のアドバイスを受けてできるだけ早く改善していくことが重要です。

 

ぜひ参考にしてください。
ご拝読ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

貴女におすすめサプリ

気に入っていただけた時は、SNSでもシェアいただけると嬉しいです。宜しくお願い致します。

・優光泉(ゆうこうせん)

優光泉、酵素ドリンクは今回ランキング1位とさせて頂きました。
ではなぜ1位なのか? 優光泉は断食道場という正真正銘の専門家が長きに渡り念入に作り上げているドリンクと言う事だけあってその効果もピカイチです。
おすすめの1番は完全無添加だということで、糖分などで薄めておらず野菜100%から作られた酵素のみになっていると言うところがおすすめの1つです。優光泉を使い断食(ファスティング)を行っていけばリバウンドの元となる飢餓の状態になる事がありません。
そのため初めての方でも安心してダイエットに取り組むことが可能だと言う事で1位とさせていただきました。

人気ガ高いおすすめ記事

1
ぷりぷりプリンセスと言う便秘解消で人気のサプリメントがある。

便秘解消で人気があるサプリ「ぷりぷりプリンセス」とは もくじ1 ぷりぷりプリンセスは、元AKBの永尾まりやさんや吉川ひなのさんもおススメしている酵素配合の便秘解消サプリメントです。1.0.0.1 毎日 ...

-健康と美容
-

Copyright© 便秘解消 プリンセスの体験レビューとダイエット研究所 , 2018 AllRights Reserved.