アレルギー 健康と美容

花粉のピークに私が気にするメイク崩れの事と目薬

投稿日:

ある記事で20代から50代の女性に花粉症でつらい症状を聞いたところ、「肌荒れしてかゆみや痛みがある」が30.5%で上位になってました。

もちろん鼻水が出るのと目のかゆみは主な症状ですよね。
わたしは今年(2017)からひどくて昨日も耳鼻科へいきました...

眼科ではフルメトロン点眼駅もいただき朝から使っています。

3月も終わりを向えるのですが、いまだ目のかゆみやくしゃみで朝目覚めてしまします。
起きてからもくしゃみが出てはながでます。

つらいです。

しかも女性にとって大変なのが「メイクの崩れ」ですよね。

何より見た目と言いますか、美貌に影響がでてしまい鼻をかむとその後つらい、ひどい状態になります。

 

・ある調査機関で花粉シーズンに

女性の84%が見た目が低下すると笑えない回答があります。
じゃ自己分析でどのくらい見た目が悪くなったと感じているのか?

ずばり40%の方がダウンしたと感じているようですよ。
うなずけますね。

じゃあどの辺りが低下したかと言いますと、やはり「目元」と言う答えが圧倒的だそうです。
その理由はマスクで隠せないとか目元のメイクがいつもの様にできないと応えてるの、わたしなど「確かに」と声がでました。
この記事を打ち込んでる最中もくしゃみで途中で中断…
ほんとドウにかにか成らないのか花粉!

毎年シーズンシーズン到来だとか、それをニュースで聞くだけで何か、鼻がムズムズするのは私だけでしょうか?

もらった目薬は、点け過ぎて目が赤くなるし、花粉のせいで涙が出やすくなって腫れぼったくなるという、最悪の状態がつづきます。
それによって当然アイメイクも崩れてきます。

 

・専門調査の記事を見ると

このボロボロ目元症状は、働いてる女性にとって、上司からの急な残業のお願いや部下のミスなんかよりもストレス度合いが断然高いという結果が出ているそうです。

「うなずけます」

 

・目薬は点眼回数に注意が

花粉症の時に行く病院でいただく「目薬」を使う方はかなり多いとおもいます。

目薬使っている方は85%ともっとも多いと回答していて、飲み薬だとか自宅の空中に浮遊している花粉などを排除してくれる空気清浄機なんかも大きく上回っているといいます。

そこでわたしが聞いた、いつも行く眼科先生に花粉症対策でその都度もらうこの目薬(フルメトロン)に関する注意点を伺ってきました。

①花粉飛散の約2週間前から抗アレルギー点眼薬を使用する。

②それにより症状を軽減したり、症状が出るのを短くしたりできる。

③通常、1回1~2滴で1日2~4回点眼することで症状に応じ適宜に

※「ちなみに私がいただいたフルメトロンは、「0.02%、0.05%、0.1%の点眼液」があるみたいですが、私のは0.1%の分でした。」

花粉シーズンが真っ盛りの時は「防腐剤無添加」の「人工涙液」タイプの目薬を買って目の表面に付いた花粉を洗い流すのも良いと眼科先生は話してくれました。

基本的に点眼で気を付けたいのは、説明書に記載されている点眼回数を忠実に守る事だそうで点眼回数が多く点けすぎると目の保護をする涙の成分まで流してしまうので注意してくださいね。

と言われました。

なぜかと言うとドライアイの要因になるからと付け加えられました。

今回はすこし遅いかもしれませんが、
花粉症についての事を体験をまじえて書いて見ました。 y

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

貴女におすすめサプリ

気に入っていただけた時は、SNSでもシェアいただけると嬉しいです。宜しくお願い致します。

・優光泉(ゆうこうせん)

優光泉、酵素ドリンクは今回ランキング1位とさせて頂きました。
ではなぜ1位なのか? 優光泉は断食道場という正真正銘の専門家が長きに渡り念入に作り上げているドリンクと言う事だけあってその効果もピカイチです。
おすすめの1番は完全無添加だということで、糖分などで薄めておらず野菜100%から作られた酵素のみになっていると言うところがおすすめの1つです。優光泉を使い断食(ファスティング)を行っていけばリバウンドの元となる飢餓の状態になる事がありません。
そのため初めての方でも安心してダイエットに取り組むことが可能だと言う事で1位とさせていただきました。

人気ガ高いおすすめ記事

1
ぷりぷりプリンセスと言う便秘解消で人気のサプリメントがある。

便秘解消で人気があるサプリ「ぷりぷりプリンセス」とは もくじ1 ぷりぷりプリンセスは、元AKBの永尾まりやさんや吉川ひなのさんもおススメしている酵素配合の便秘解消サプリメントです。1.0.0.1 毎日 ...

-アレルギー, 健康と美容

Copyright© 便秘解消 プリンセスの体験レビューとダイエット研究所 , 2018 AllRights Reserved.