健康と美容

冷えを取る上手な入浴法で冷えを改善!

投稿日:

普段の生活で簡単に冷えをとる方法の1つに入浴があります。

しかし方法を間違えると かえって身体の冷えを招いたりします。
やはり正しいお風呂の入り方を参考に毎日入るようにすると身体が温まり冷えを改善ていくので是非実行してみて下さいね。

 

1、胸の下まで湯船につかる。

よい入浴法は、胸あたりまでお湯につかるようにすることです。
そして腕もつけない状態で入ります。

温度は「貴方の平常な体温のやや高い温度」で、入ってください、温度としては大体37℃~39℃の温度が望ましいです。

浸かる前に、かけ湯として足へ5回ぐらいかけて温めてからつかると良いでしょう。
そして湯船で20分~30分をかけてゆっくりはいります。
この状態で入っている方がお腹などもとても温まります。

 

 

2、熱い温度の早や風呂は良くない

かなり熱い温度で、しかも5分ぐらいでお風呂から上がる人がいらっしゃいます。
これだけは止めてほしいですね。

なぜ温めの温度が良いのかと言いますと厚めのお肉などで芯まで熱を通そうと思えば中火の弱火で火をとおしますね。

これと同じで強火で熱いお肉などを火にかけると中まで火が通らなくて表面だけこげてしまいます。
この事と同じでお風呂もあまりに熱い温度の湯に浸かると皮膚の表面だけ熱くなり中に熱を入れないという状態になります。

温まるため湯に浸かっているのに表面だけ熱くなって芯は温まってない状態です。
これでは「からすの行水」と言うことですぐに湯ざめしてしまいます。

これは「頭寒足熱」とならなくて、良くないお風呂の入りかたで、身体にも良くありません。
時間をかけてゆっくりとリラックスして長く入り芯まであたためて入浴しましょう。

 

 

3、お風呂からでるとき

次に風呂から出てすぐにバスマットの上でしずくを吸収させて水分を拭き取りますね。
そのとき直ぐ靴下を履いて、ズボンや厚めのパジャマも直ぐにはきます。

上半身は最初裸でもかまわないので時間が経ち肌寒くなると1枚ずつシャツや肌着を増やしていきます。

裸足のまま、ガウンなどを着ていると上半身が温かく下は冷たい状態になります。
このとき注意しないと風邪などを引いてしまったりしますでやめてください。

 

◆ ま と め

1時間も2時間も風呂場に居るわけでもないので入浴時は胸から下を20~30分かけて身体を正しく温めて芯から温める入浴法(頭寒足熱)で冷えを改善しでいきましょう。

今回は健康のカテゴリーで、「冷えを取る上手な入浴法で冷えを改善!」を書きました。

 

・最近体が冷える方、参考にしてみて下さいませ。
ユミ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

貴女におすすめサプリ

気に入っていただけた時は、SNSでもシェアいただけると嬉しいです。宜しくお願い致します。

・優光泉(ゆうこうせん)

優光泉、酵素ドリンクは今回ランキング1位とさせて頂きました。
ではなぜ1位なのか? 優光泉は断食道場という正真正銘の専門家が長きに渡り念入に作り上げているドリンクと言う事だけあってその効果もピカイチです。
おすすめの1番は完全無添加だということで、糖分などで薄めておらず野菜100%から作られた酵素のみになっていると言うところがおすすめの1つです。優光泉を使い断食(ファスティング)を行っていけばリバウンドの元となる飢餓の状態になる事がありません。
そのため初めての方でも安心してダイエットに取り組むことが可能だと言う事で1位とさせていただきました。

人気ガ高いおすすめ記事

1
ぷりぷりプリンセスと言う便秘解消で人気のサプリメントがある。

便秘解消で人気があるサプリ「ぷりぷりプリンセス」とは もくじ1 ぷりぷりプリンセスは、元AKBの永尾まりやさんや吉川ひなのさんもおススメしている酵素配合の便秘解消サプリメントです。1.0.0.1 毎日 ...

-健康と美容
-

Copyright© 便秘解消 プリンセスの体験レビューとダイエット研究所 , 2018 AllRights Reserved.