健康と美容 認知症

カマンベールチーズと赤ワインでアルツハイマー病を予防できる!?

投稿日:

・カマンベールチーズと認知症

 

認知症の予防やボケ防止に効果的な食材は、なんでしょうか?

 

カマンベールチーズに中に有効な成分を発見?

 

東京大学大学院農学生命科学研究科と小岩井乳業株式会社がマウスを使い認知症の予防に対して、実験しカマンベールチーズを毎日食べたマウスが脳内の老廃物沈着が抑制された効果があると確認されています。

カマンベールチーズの摂取がアルツハイマー病の予防に効果があることをモデルマウスで確認し、さらに、「赤ワイン」をいっしょに一日250ml程度飲むことでポリフェノールの強力な抗酸化作用で、老化、動脈硬化、認知症予防に効果的だとお医者さんが出ているTV番組でも放送していました。

 

 

脳の老化とも言われている認知症にはアルツハイマー型認知症と脳血管性認知症の2種類があります。

「アルツハイマー型認知症」 は脳細胞の変性が原因だとされています。

・しかし詳しいことはまだわかっていません。

また「脳血管性認知症」は、脳梗塞や脳出血など脳の血管の異常によって引き起こされることが分っています。

 

 

 

 

◆認知症とはどういうものか?

※厚生労働省のHPにはこの様に紹介されていました。

脳は、私たちのほとんどあらゆる活動をコントロールしている司令塔です。それがうまく働かなければ、精神活動も身体活動もスムーズに運ばなくなります。

認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態(およそ6ヵ月以上継続)を指します。

認知症を引き起こす病気のうち、もっとも多いのは、脳の神経細胞がゆっくりと死んでいく「変性疾患」と呼ばれる病気です。アルツハイマー病、前頭・側頭型認知症、レビー小体病などがこの「変性疾患」にあたります。

続いて多いのが、脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化などのために、神経の細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなり、その結果その部分の神経細胞が死んだり、神経のネットワークが壊れてしまう脳血管性認知症です。

厚生労働省HPより出典
https://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/dementia/a01.html

認知症を予防する完全な方法は未だありません。

 

 

しかし「認知症になりにくい方法」や「認知症を遅らさせる効果的な食べ物」には、年々解明されてきています。
なかでもTVなどでも報じられているカマンベールチーズが認知症になりにくい食事や食材でが、その他にも勿論あります。しかしベースは脳の老化防止のため栄養バランスの良い食生活が一番重要だと言います。そこで毎日食べることを推奨されている食品を調べてみました。

 

 

認知症予防効果がある食材3つを紹介いたします。

 

①大豆製品

 

大豆に含まれているレシチンは、神経伝達物質を生み出す成分といわれています。神経伝達物質は視覚や聴覚得た情報をスムーズに伝達するために必要な物質です。レシチンが不足すると記憶力の低下を引き起こす場合があると考えられています。

またポリフェノールの一種である「イソフラボン」も豊富に含まれているので骨粗鬆症を予防する成分です。豆類には食物繊維も豊富なので便秘解消にも役立ちます。そして緑黄色野菜を合わせて摂ることで効果がアップします。

 

 

②青魚(DHA)

 

 

青魚にはご存知の通り、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)といったオメガ3、不飽和脂肪酸が豊富に含まれていることは有名です。DHAは悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする効果があります。DHA・EPAは、他にもマグロのトロや、真鯛やうなぎにもDHA・EPAは含まれています。

 

 

③カレー(鬱金/うこん)

 

 

古くから漢方薬としても親しまれガン抑制、コレステロール値の抑制、認知症予防など数多くの効能があるといわれているカレー粉、コレに入っているウコンは、クルクミンというファイトケミカルが多く含んでいます。18カ月にもおよぶ臨床実験で50~90才の被験者40人が、毎日90ミリグラムクルクミンを2回飲用し続けた結果として、記憶力と集中力の向上が確認されて、気分の高揚も認められアルツハイマー病の引き金とされているアミロイドβタンパク質の発生も抑えられたというのです。

これらは認知症の予防につながる食材として多く知られています。また研究やTV放送での情報もありますが過度に受け止めると、間違いや効果が悪い方へ向く場合もあります。認知症についてはお医者様への診察と自らのしらべや専門家の意見や書物などで調べることも大切だと思いました。

 

 

 

 

男性は特に人との対話や家事の手伝いで認知症予防することが大切

 

 

男性は女性に比べてもコミュニケーションが得意ではありません。社交的でないと思う方は、出来るだけひとりで自宅にこもらないで出かける環境整備も大切です。例えば、趣味やスポーツ(体操教室)又は再就職も考えてみるのもよいですね。知的行動習慣として将棋や囲碁クラブに参加してみましょう。

出来るだけ生涯現役と考え何らかの仕事を持つことを目指すのも一案でしょう。

 

 

 

 

認知症予防につながる7つの方法

①減塩と動物性脂肪を控えた食事をする

②適度にカマンベールチーズを食べ食事を気づかう

③深酒とタバコはやめて規則正しい生活を

④転倒しないようにウォーキングで足の筋肉をつけよう。

⑤おしゃれなども気を使い好奇心も持ち週3日は出かける

⑥何事も明るく考えてくよくよしない事が大切

⑦生活習慣病の予防の為や早期発見で健康診断へいく

 

そもそも運動不足で生活習慣病(高血圧・糖尿病・脂質症など)の発症に関係していることは知られています。認知症予防と合わせて週3日最低30分の運動(体操)を心がけましょう。

 

 

 

 

まとめ

認知症を防ぐ食事を心がけると脳梗塞など脳の血管の病気にも効果的で、認知症の原因の一つボケ予防にもなります。食育は慢性病の予防にも役立ちます。そのため、「食べすぎや肉や乳製品などにも偏らずお魚や大豆製品も食べましょう。

 

そして40代に入る頃には、お茶会や食事会を計画して楽しい食事時間を作っていきましょう。このとき生活習慣病の予防も考えて「野菜果物や精製していない穀類やもち米、海藻を毎食いただき味付けの工夫で減塩を心がけ、バランス良い食事をすることが健康で長生きするポイントとして重要です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

貴女におすすめサプリ

気に入っていただけた時は、SNSでもシェアいただけると嬉しいです。宜しくお願い致します。

・優光泉(ゆうこうせん)

優光泉、酵素ドリンクは今回ランキング1位とさせて頂きました。
ではなぜ1位なのか? 優光泉は断食道場という正真正銘の専門家が長きに渡り念入に作り上げているドリンクと言う事だけあってその効果もピカイチです。
おすすめの1番は完全無添加だということで、糖分などで薄めておらず野菜100%から作られた酵素のみになっていると言うところがおすすめの1つです。優光泉を使い断食(ファスティング)を行っていけばリバウンドの元となる飢餓の状態になる事がありません。
そのため初めての方でも安心してダイエットに取り組むことが可能だと言う事で1位とさせていただきました。

人気ガ高いおすすめ記事

1
ぷりぷりプリンセスと言う便秘解消で人気のサプリメントがある。

便秘解消で人気があるサプリ「ぷりぷりプリンセス」とは もくじ1 ぷりぷりプリンセスは、元AKBの永尾まりやさんや吉川ひなのさんもおススメしている酵素配合の便秘解消サプリメントです。1.0.0.1 毎日 ...

-健康と美容, 認知症

Copyright© 便秘解消 プリンセスの体験レビューとダイエット研究所 , 2018 AllRights Reserved.