アンチエイジング 便秘解消 健康と美容

エイジングケアで女性の意識を高めると腸内環境にも良い!

投稿日:

エイジングケアで女性の意識を高める

 

年齢を重ねることでますます美しさが映えてきて美しくなる女性は魅力的です。その様に努力している方の腸内環境は良く、便秘の傾向もなくお肌も瑞々しいといわれています。

 

 

エイジングケアも無理なくつづける事でより一層効果があらわれる

 

1例としてお話ししますと40代後半には見えないという京都の女性は油ものが多くなりがちな外食は避けて自宅で食べる事を心がけていると話してます。

中でも、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に落ちいらないように、緑黄ヤサイ類や葉物ヤサイを中心に脂身の少ないブタ肉や鶏肉をバランスよく料理しているそうです。

毎回の食事にはお味噌汁を付け足しているようです。

 

化学調味料無添加の粉末ダシやパックダシなども「うまみ」は酵母エキスに頼っているのでミネラルはほとんど入っていません。
お出汁は、天然のコブや煮干し又は鰹節などから摂るようにすると言います。

 

大事なところは若々しい体つくりや肥満にならないように習慣にし、運動も毎日ノートに行なう種類を書きだして実践する事だといいます。

ウォーキングなどは週3のペースで30分~45分行いその前後はストレッチをしているそうです。

それにより10歳の若返りを保っているそうです。

 

「アンチエイジング」の必要性を知らない方は老ける

 

逆に言うと「アンチエイジング」の必要性を知らない方、又は気にしていない方は若さに鈍感でこれから始まる老化の意識が薄くてケアも運動もしないと言う事だと思います。

貴女はどうにかして時間を止めたいと思いませんか?

 

アンチエイジングの基本は腸内環境と言っても過言ではありません。
腸内環境のバランスが壊れると身体に様々な影響がでる事がわかってきています。

肥満の要因も「腸内細菌の変化」が、多きく影響する。

 

・下記の記事をお読みください。

 

肥満やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を引き起こす大きな環境要因として食べ過ぎや運動不足が挙げられる。環境要因として膨大な腸内細菌の集まりである腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)が関係していることがゲノム解析が進んだことで明らかになってきている。

・腸内細菌叢は肥満研究の最も大きな注目分野の一つ

 

そう語るのは、日本肥満学会理事長で国立国際医療研究センター総長や理事長を勤め上げた春日雅人氏で、糖尿病研究の権威でもある春日さんは米科学誌『サイエンス』に掲載された米ワシントン大の研究論文に着目したという。

 

≪その論文による実験では≫

 

片方が肥満で、もう片方が痩せ形の双子さん4組を選び、「腸内細菌」が大量に含まれるそれぞれの便を無菌のマウスの腸内に移植する。

太った人の便を移植したマウスは太りはじめ、痩せ形の人の便を移植したマウスは太らなかったという結果が出たという。春日氏は「細菌叢の差違は肥満の結果もたらされたのではなく肥満を引き起こす原因だったことが示された」と強調している。

 

「ヒトゲノムの全配列は2003(平成15)年に解読が宣言された。」

腸内細菌叢の研究はゲノム解析の恩恵を受け、解析速度が飛躍的に上がり菌の種類や量が分かるようになったようです。

腸内細菌叢と肥満の関係は米国が先行しているといいます。

日本では免疫疾患などの関係について、理化学研究所統合生命医科学研究センターの本田賢也、消化管恒常性研究チームリーダーによる研究が知られている。

本田先生は「腸内には約1千種・総重量で1キロの細菌が存在し、共生していて、それらの共生関係が崩れると肥満やメタボといった代謝性疾患やアレルギーの免疫疾患につながる」と解説しています。

 

共生関係を崩すもの

 

本田氏によると脂肪が多くてカロリーの高い欧米型の食事、高脂肪食を1週間続けただけで細菌叢の構成が変化したという複数のデータがあり、肥満の原因となる細菌は「食事で摂取した糖類などの分解を促進し、体内により吸収しやすい形にする働きがあるという。

そういう菌が高脂肪食を好みそれを餌に増えるのではないかと言い放つ。

 

次に、食物繊維の少ない食事や、同じメニューを繰り返し食べることも共生関係を崩す。

 

※「共生」とは. 共生という概念で、複数種の生物が一緒に生活している状態を「共生」と呼びます。

 

いずれのケースも「バクテロイデスとファーミキューテスという腸内細菌のグループの細菌量が変化して崩れる」ことが判明している。現時点で最大の腸内環境の予防方法は食事にあるといわれいます。

この事からも腸内環境をバランスよく保つ事がその先にアンチエイジングに繋がり肥満や便秘などが関係の無い健康的な体つくりになるのです。

自分の腸内環境を知る目安となる自分自身の排泄物は、健康な人での便は水分が80%で残りの20%が食べかすと生きた腸内細菌でさらに、がれ落ちた腸粘膜で構成されています。

 

 

腸内環境を整える簡単な5つの方法

 

1、朝食をしっかりと食べる

 

2、決まった時間に食事をおこなう

 

3、高タンパク質のものや高脂肪な肉類の摂取を控える

 

4、発酵食品や食物繊維を意識して多く摂る

 

5、水分を多く摂る (健康な方は1.5リットル目安)

※1日の水分摂取量の参考サイト
http://water-no1.xyz/entry2.html
<損しない安心のウォーターサーバーで水を飲む7つの理由とは>

 

ま と め

 

アンチエイジングの基本としても腸内環境はとても大切なもの、腸内環境を整える方法として適度な運度も有効です。

肥満やメタボリックシンドロームについてもふれました。高脂肪食を好んで食べると肥満の原因に繋がるとも分かりました。

 

それらの事が分かるとやはり食育と運動は大事な事です。
アンチエイジングの為にも軽い腹筋やウォーキングなどの有酸素運動がよいでしょう。

腹部へのマッサージは腸の動きを促進し便秘解消してくれます。

 

 

今回は「エイジングケアで女性の意識を高めると腸内環境にも良いその効果とは」
題し投稿しました。

女性にとって参考になれば幸です・ご拝読有難う御座いました。

 

玄米茶を本で調べると便秘解消にいいお茶の1つとされている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

貴女におすすめサプリ

気に入っていただけた時は、SNSでもシェアいただけると嬉しいです。宜しくお願い致します。

・優光泉(ゆうこうせん)

優光泉、酵素ドリンクは今回ランキング1位とさせて頂きました。
ではなぜ1位なのか? 優光泉は断食道場という正真正銘の専門家が長きに渡り念入に作り上げているドリンクと言う事だけあってその効果もピカイチです。
おすすめの1番は完全無添加だということで、糖分などで薄めておらず野菜100%から作られた酵素のみになっていると言うところがおすすめの1つです。優光泉を使い断食(ファスティング)を行っていけばリバウンドの元となる飢餓の状態になる事がありません。
そのため初めての方でも安心してダイエットに取り組むことが可能だと言う事で1位とさせていただきました。

人気ガ高いおすすめ記事

1
ぷりぷりプリンセスと言う便秘解消で人気のサプリメントがある。

便秘解消で人気があるサプリ「ぷりぷりプリンセス」とは もくじ1 ぷりぷりプリンセスは、元AKBの永尾まりやさんや吉川ひなのさんもおススメしている酵素配合の便秘解消サプリメントです。1.0.0.1 毎日 ...

-アンチエイジング, 便秘解消, 健康と美容

Copyright© 便秘解消 プリンセスの体験レビューとダイエット研究所 , 2018 AllRights Reserved.